千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状>五十肩・四十肩

五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)

五十肩や四十肩と聞くと、年齢を意識させられるので、症状のことよりも気持ちの上で複雑な思いを抱くかも知れません。

この名称は肩周辺に炎症を起こした症状の通称に過ぎません。
実際には30才代や、もっと若年でも同様の症状に悩むこともありますし、何事もなく60才70才と歳を重ねる方もあります。

ここでは、あくまでも一般的な話として「五十肩」という名前を取り上げて書いています。

一般に、50才代を中心として40代後半から60代前半にかけて発症する【肩関節の痛み】と【関節拘縮】をおもな兆候とする症候群に与えられた、やや通俗的な症状名です。

男女差はなく、50代→60代→40代の順で多いとされています。

病態生理的には、肩関節周囲軟部組織の加齢による退行変性を基盤に炎症性病変を生じた症候群とされています。

具体的に炎症を起こしている局所が特定される場合は、部位名がつけられた診断をされることになります。

なんだか難しい表現ですね。
「加齢による」などと言われると「治らないのか?」と不安な気持ちになりかねませんが、まずは治療を試すべきです。

肩関節周辺の筋肉や腱、腱板に炎症や部分的な断裂が起きたり、関節を安定させるための腱板(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)の上にある袋(肩峰下滑液包)に炎症や癒着が起きると、肩の痛みや動きの制限をもたらします。

いわゆる力コブをつくる上腕二頭筋の腱に炎症が起きることもあります。

・☆・・★・・☆・

●医師の診断もいろいろな名称で呼ばれるようです

・肩峰下滑液包炎
・腱板炎
・有痛性肩関節制動症
・烏口突起炎
・石灰性腱炎
・結合織炎
・上腕二頭筋長頭腱炎
など。
・☆・・★・・☆・

●症状

・肩周辺の疼痛(痛み)と運動制限(動かせる範囲が減少)。
・上腕や肘にまで痛みが放散することもある。
・腕をあげたり、背中にまわしたりするときに痛む。
  ・はじめは痛みが強い。夜間、特に明け方に肩の動きが不自由になることがある。
・寒冷によって増悪することがある。
・腱板に石灰が沈着する石灰沈着性腱板炎は、ある日、急に前ぶれなく激痛がおこり、まったく動かせなくなることもある。
・転んで肩を打ったり、重いものを持ち上げた時に急に肩が痛み、腕をあげられなくなった場合は、腱板断裂の可能性もある。
など。
・☆・・★・・☆・

●治療

急性期には安静にすることが大切です。
慢性期・回復期には運動もして、関節拘縮を予防します。

千里堂の鍼灸治療では、急性期は痛んでいる部位そのものよりも周辺の施術も多くして、炎症が早く去ることを目指します。

痛みの改善に鍼灸治療が効果的であることは様々な症状で言われていることですが、急性期の激痛は簡単には改善しないこともあります。
ご自身で、安静を保つ生活を心掛けることも大切です。
「冷やす」あるいは「温める」といったことは、いきなり過度にやらずに、少しずつ様子をみながらおこなった方がよいでしょう。

痛みの程度はご本人以外には見えませんから、ご自身の感覚を大切にすることも大切です。

忙しくて休んでいるヒマなどないから五十肩も悪化してしまう・・・とも言えるでしょうか。

激しく痛む時は、「休みましょう」という体からのメッセージでもあります。
無理しませんように、どうぞご自愛ください。


五十肩は急性期から慢性期まで長い期間、苦しめられる可能性も高いです。
「治った」「治らない」ということだけで一喜一憂せず、何ができるのか、何をできるようになりたいか、現在の体の状態を見つめ、まずはどのような目標を持って治療に取り組むのか、考えてまいりましょう。

「たかが五十肩」なんて言われるほど楽なものでは決してありません。
よろしければ鍼灸治療をお試しください。

千里堂の総合はり治療は、鍼灸だけでなく手技療法で筋肉をほぐすこともおこないます。
時期によって症状も様々に変化するのが五十肩です。
「いま、何がどのようにつらいのか」をお伝えください。

・☆・・★・・☆・

【五十肩・四十肩のための鍼灸治療】は「総合はり治療」の60分・90分・120分の各コースで受けられます。

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金

>>予約方法

>>当院での研修会報告

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院