千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状>顔面部疾患・症状@

顔面部の筋肉

■表情筋
顔面の浅層にあり、主として頭蓋骨から起こり皮膚に停止する筋。
収縮によって顔面の皮膚を動かし、人間のさまざまな表情を作りだす。
表情筋は30種類以上あるが、通常の生活では全体の30%しか使っていない。

【主な表情筋】
・前頭筋:額から頭頂部にかけての筋肉。(眉を上げる)
・眼輪筋:目の周りを囲む筋肉。(目を開閉させる)
・小頬骨筋:頬骨付近にある筋肉。(上唇を後方に引き上げる)
・大頬骨筋:顎関節から口角まで伸びる筋肉。(口角を上げる)
・頬筋:頬の下にある筋肉。(物を吸う)
・口輪筋:口の周りを囲む筋肉。(口元のさまざまな表情を作る)
・オトガイ筋:下唇の中央からあごの先端に伸びる筋肉。(あごのラインを引き締める)


■咀嚼筋
頭部深層にあり、表情筋に比べ強大。
頭蓋骨の側面・底面から起こり下顎骨に停止する筋。
主に下顎骨を挙上し、口を閉じ噛みしめる。

・咬筋:下顎骨の挙上
・側頭筋:下顎骨の挙上、下顎骨の後方移動
・外側翼突筋:下顎骨の前方移動
・内側翼突筋:下顎骨の挙上


■上眼瞼挙筋
眼窩の骨から起こり、上眼瞼の皮膚に停止する筋。
上眼瞼を上げる。

・☆・・★・・☆・

【顔面部の疾患・症状のための鍼灸治療】は「総合はり治療」の60分・90分・120分の各コースで受けられます。

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金

>>予約方法

>>表情筋とシワ・たるみ

>>顔面部の疾患

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院
このページは、千里堂治療院第90回研修会資料をもとに構成しました。資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。ありがとうございました。

−参考文献−
*社団法人東洋療法学校協会編『解剖学』医歯薬出版株式会社
*士門奏『美顔鍼−美顔率と解剖機能からのアプローチ−』医道の日本社
−ホームページ−
*日本眼科学会