千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状顔面部疾患・症状@>顔面部疾患・症状A

表情筋とシワ・たるみ

一般的には「表情筋が弛緩してシワやたるみになる」と考えられているが、MRIで表情筋のたるみを確認できないことやボトックス注射により表情筋を弛緩させてシワ治療をできることから、「表情筋の収縮や拘縮によってできるシワやたるみが多い」ことが明らかになってきている。

主に表情筋によるシワやたるみは、抗重力筋の筋力低下を補うため、重力に逆らう必要のない筋肉の代償運動で表情を作ることが原因となっている。
シワは筋肉の拘縮・短縮・可動域制限などによって起始・停止部や支持靭帯のに生じることが多い。
たるみは筋の短縮によって表面の皮膚が余り生じるが、抗重力筋の筋力低下により脂肪が下垂して生じる場合もある。


■上顔面


■中・下顔面

・☆・・★・・☆・

【顔面部の疾患・症状のための鍼灸治療】は「総合はり治療」の60分・90分・120分の各コースで受けられます。

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金

>>予約方法

>>顔面部の疾患

>>顔面部の筋肉

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院
このページは、千里堂治療院第90回研修会資料をもとに構成しました。資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。ありがとうございました。

−参考文献−
*社団法人東洋療法学校協会編『解剖学』医歯薬出版株式会社
*士門奏『美顔鍼−美顔率と解剖機能からのアプローチ−』医道の日本社
−ホームページ−
*日本眼科学会