千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状>痔について@

痔について@
●痔について@

●痔の原因
便秘がちで排便の際に強くいきんだり、長時間座りっぱなしでいるなど、肛門に負担がかかることで痔が発生するといわれています。

肛門に負担がかかると、内肛門括約筋と肛門の粘膜の間にある組織(毛細血管などが集中するクッション部分)がうっ血して血行障害が起こり、その部分が痔核(いぼ痔)となってしまうことがあるのです。

また、便秘がちな方では、排便時に強く、長くいきむことでうっ血を起こしやすいだけでなく、水分が吸収されて硬くなってしまった便が肛門を傷つけてしまい、裂肛(切れ痔)を引き起こすこともあります。

肛門に負担をかけてしまう場面は、排便時のいきみや長時間座りっぱなしでいる時だけではありません。
例えば、ゴルフなどスポーツ時のいきみ、刺激物やアルコールの過剰摂取などによる下痢、冷えなども肛門に負担をかけてしまうと考えられています。

1.痔核の基礎知識
肛門の3大疾患として痔核(俗称イボ痔)、痔瘻(穴痔)、裂肛(キレ痔)があり、最も頻度が高いのが痔核です。

痔核の基本的な構造は正常な肛門内にも存在しており、“何らかの症状を呈して初めて病気の痔核として扱う”と考えるとわかりやすいでしょう。

換言すれば、口の中には正常状態において歯が存在しているがこれが「虫歯」になったときはじめて病気ととらえるのと同じであり、肛門の中を診察して痔核の基本構造が見られても症状がなければ病的痔核ではないため、通常は治療対象とはならないのです。

2.痔核の病因
病的な痔核が発生する原因として、「静脈瘤説(肛門管の痔静脈叢の静脈瘤と考える)」と「肛門クッション滑脱説(肛門管の粘膜下組織が伸びて滑脱するようになったと考える)」という2つの考え方に大別できます。

3.痔核の分類
1)解剖学的分類
解剖学的に歯状線の上下で分けて、歯状線の内側のものが内痔核、外側のものが外痔核と分類されています。
これは、分類上はすっきりと明確であるようだが、純粋に歯状線の奥側にだけに限局してとどまるような内痔核単独例をみることはまずないため、実際上は、あまり意味がないともいえます。
歯状線付近の上下にまたがるような痔核の膨隆が一塊となって脱出するものも、一般的には内痔核と呼称されています。

外痔核においては、肛門管内に存在する「肛門管内の外痔核」と、肛門管下端部の肛門縁に発生する「狭義の外痔核」を明瞭に区別することも大切です。
「肛門管内の外痔核」は治療の実際上は内痔核と同様に治療されるからです。

2)脱出度による分類
T度:排便時にうっ血し、膨隆する。
U度:排便時に内痔核が脱出するが、排便後に自然還納する。
V度:脱出を納めるのに用手的還納を要する。
W度:痔核が大きく外痔核まで一塊化しているため完全には還納できない。

3)肉眼分類
意外なことに、痔核においては癌のように明確に規定された肉眼分類はないのですが、静脈瘤様に血管が拡張した膨隆を主体とするものと、膨隆自体は小さいが、粘膜脱様に粘膜上皮の肛門外への滑脱を主体とするもの、その中間の程度のものなどの種類があります。
また、内痔核が主体のものと外痔核が主体のものとに分ける考え方もあります。

・☆・・★・・☆・

>>痔のための鍼灸治療

>>痔についてA

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院
このページは、千里堂治療院第71回研修会資料をもとに構成しました。資料作成には以下のホームページを参考にさせていただいています。ありがとうございました。

−ホームページ−
*日本大腸肛門病学会
*第一三共ヘルスケア くすりと健康の情報局