千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状>ムチウチ

むち打ち症(ムチウチ)

1.むち打ちの定義
頭部・頚部に直接外力が加わることなく、体幹に加わった衝撃力によって、頚椎に過伸展・過屈曲が強制され、そのために起こる障害で、X線検査上脱臼や骨折が明らかでないものを言います。


2.むち打ちの分類
@頚椎捻挫型
頚椎が生理的可動範囲をこえて受傷したもの。
頭痛、頚部痛、頚椎運動制限あり。
予後良好でむち打ちの80%がこのタイプと言われます。

A頚神経根症状型
後頭部、頚部、背部、上腕から手指にわたる痛み、こり、しびれ、脱力や頚部運動痛など頚神経根症状が目立つタイプです。

Bバレー・リュー型
頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、難聴、悪心、嘔吐、眼振、眼痛、霧視など自律神経症状が目立つタイプです。

C脊髄症状型
四肢不全麻痺、歩行障害、筋肉萎縮(脊髄内前角細胞障害)、膀胱直腸障害などを呈するもの。

・☆・・★・・☆・

私たちは医師ではありませんので、診断は致しかねます。
事故などで「むち打ちか?」と思ったら決して軽く考えることなく、まずは医師を受診してください。
その上で、鍼灸治療では様々な症状を改善することができます。
よろしければご相談ください。

・☆・・★・・☆・

【むち打ち症のための鍼灸治療】は「総合はり治療」の60分・90分・120分の各コースで受けられます。

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金

>>予約方法

>>交通事故・むち打ち症(ムチウチ)について

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院