千里堂はり灸マッサージ治療院

トップ症状>子宮内膜症

子宮内膜症

【病態】
子宮内膜および類似組織が子宮内腔以外の骨盤内臓器で増殖する疾患。
一般的には進行性病変であり、エストロゲンによって発育が促進される。
主として、卵巣、卵管、ダグラス窩などに好発する。

エストロゲン分泌量が多い性成熟期(20〜40歳代)に多い。
初潮の低年齢化や晩婚化、少子化によって月経の回数が増えるため、増加傾向にある。
以下の2つが有力視されているが、未だ発生機序は不明。

◆子宮内膜移植説
こちらが主流の説だと言われている。
月経により剥離した内膜が月経血とともに卵管を逆流して骨盤内に至り、腹膜に生着する説。

◆体腔上皮化生説
腹膜には子宮内膜に分化する能力があるとし、なんらかの要因によって、腹膜や卵巣表層細胞が子宮内膜類似組織へと化生変化する説。

※子宮内膜様組織が、子宮筋層内に浸潤したものを【子宮腺筋症】と呼ぶ。
※子宮内膜様組織が、卵巣内に発生したもの(子宮内膜症性卵巣嚢腫)を【チョコレート嚢胞】と呼ぶ。


【臨床症状】
主症状は、疼痛と不妊。
月経痛は患者の50%以上が訴える。
月経の度に強くなる疼痛が特徴的。
病巣の広がりの程度によって下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛なども起こす。

疼痛には、病巣による機械的圧迫、炎症、病巣から分泌されるプロスタグランジンが関与している。

不妊は、内膜が癒着することによる卵管の機能障害、卵巣機能の異常が原因となる。

・☆・・★・・☆・

千里堂治療院では、子宮内膜症による諸症状の改善を目指して鍼灸治療をおこなっております。

医師の診断や治療、ご指導は大切です。
私たちは鍼灸師の立場から、つらい症状の緩和のためにできることを研究しております。


千里堂治療院では、鍼やお灸とともに手技療法(マッサージ)も一緒におこなっていきますので、ゆっくりとくつろぎながら治療をうけていただけます。

自律神経やホルモンバランスの調整には、鍼灸と手技療法の併用がとても大切なのです。

治療時間中、ひとりの担当者がつきっきりの治療をおこない、身体の変化を把握しながら治療を進めます。

あなたのお悩みを少しでも軽くできるようお役にたてればと思います。

・☆・・★・・☆・

【子宮内膜症のための鍼灸治療】は「総合はり治療」の60分・90分・120分の各コースで受けられます。

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金

>>予約方法

・☆・・★・・☆・

[1]調布治療院ホーム
[0]千里堂トップページ

[#]症状一覧へ戻る

▲ページtopへ

千里堂はり灸マッサージ治療院
このページは、千里堂治療院第78回研修会資料をもとに構成しました。資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。ありがとうございました。

−参考文献−
*矢野忠編著『レディース鍼灸』医歯薬出版
*早乙女智子他著『疾患別治療大百科 産科婦人科疾患』医道の日本社
*教科書執筆小委員会『はりきゅう理論』医道の日本社
*医療情報科学技術研究所編集『病気がみえるvol.9 婦人科・乳腺外科』メディックメディア